スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2 白樺の木の下で・・・Pod brzozą 

 古い町並みや街角のスケッチという面白さももちろんだが、描いているときの気分のよさを言うなら、高台の木陰に寝そべったりしながら、だれにも気兼ねなく一人楽しむスケッチに勝るものはない。
白樺の木の下で


描きたいと思う眺めが目の前に広がり、気温は高からず、低からず、吹く風はただ心地よく、通りかかる人もいなければ、見られるストレスもない。ま、これほどの条件がそろう機会は多くはありませんが。

 緑の椅子付ザックを背負い歩きつかれた頃見つけた理想的な場所でまず陣地を整える。寝転ぶと草のいい匂いもしてくる。描くのに飽いたらザックのポケットからりんごを取り出してかじる。あるいはただ思いっ切り、首筋や背中、手も足も伸ばしきって寝そべる。

 広げたスケッチブックの白い紙の上には小さな虫が遊びに来ることもある。自然の中にいると素直にかれらと話したり遊んだりしたくなるから不思議だ。ツツツツツツと私の描いている線を横切ったりするものだから、「みにきたのかい?」と目で話しかける。もちろんそれもブーンといって攻撃的に飛んでくる蜂やアブでない場合に限るけれど。

 心地よい時間は過ぎたが、描いたスケッチの出来がさほどでない、あるいはほとんど失敗ということもある。そんな帰り道は、せめて野の花を摘んで道草も食いながら歩くことにしよう。自然の中で過ごした半日は大抵はつつましくも満たされて家にたどり着く。

Pod brzozą 
Tłumaczenie na język polski: Judyta Yamato

Szkicowanie starych ulic i zaułków miasta bez wątpienia jest ciekawym zajęciem, ale gdy jest mowa o nastroju podczas rysowania nie znam nic lepszego, niż spędzanie takich chwil w samotności, mogąc bez ograniczeń leżeć sobie w cieniu wysokich drzew, nie widziana przez nikogo. Gdy nadejdzie ochota do rysowania, wystarczy wtedy tylko popatrzeć przed siebie.
Powietrze nie za zimne i nie za ciepłe, a wiatr to tylko przyjemny zefirek. Cudownie ! Niestety, w większości przypadków, nie jest możliwe spełnienie wszystkich tych warunków.
Zmęczona marszem znajduję w końcu idealne miejsce, wtedy przede wszystkim organizuję obóz używając do tego celu mego zielonego plecaka pełniącego jednocześnie rolę składanego krzesła. Przybliżywszy twarz do ziemi czuję zapach ziół. Znużona długim rysowaniem zjadam jabłko wyjęte z kieszeni plecaka lub wyciągam się na ziemi rozluźniając mięśnie szyi, ramion, rąk i nóg.
Zdarza się, że na rozłożoną białą kartkę szkicownika przyleci jakiś owad, wtedy czuję chęć delikatnej z nim zabawy i rozmowy. Dziwy ! Owad przecina swym lotem rysowane przeze mnie kreski su su su su – „Przyleciałeś zobaczyć, co?” – mówię oczami. Spotkania takie nie są ograniczone tylko do agresywnych pszczół czy much.
Czas spędzony przyjemnie, ale rysunek nie satysfakcjonujący, lub wręcz nieudany. Bywają takie przypadki. Wtedy pocieszam się kwiatami zebranymi w drodze powrotnej i docieram do domu po połowie dnia spędzonego na łonie natury.

テーマ : ポーランド
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

クマンバチ御挨拶

おてんばばさん、こんちは。
って、ポーランドにいらしたんですか!
で、なんで僕が蜜蜂よりクマンバチに似てるって知ってるの?

ま、それはいいですが、東ヨーロッパって行ったことないんです。
みんなきのこ好きなんでしょ!
そこらへん教えてくれませんか?
いつか行ってみたいので。(うまく行けば今年!)

行動圏内!

凄い凄い!
ポーランドだって、チェコだって、充分クマンバチ行動圏内ですから、ホント行っちゃいますよ!

メールアドレスに住所送ってもらえたら、僕が書いてる雑誌を送ります。スウェーデンのエコビレッジとか、スペインのきのこフェスティバルとか取材してきました。テーマは「自然とよりそって生きる人たち」でしょうか。日本の今の人たちに、自然といっしょにいたいなあ、と思わせるような記事を書きたいと思っているのです。だいたい年に1,2回は海外取材へ行きます。

で、野生食材料理の連載もやっているのですが、ちょうど来月号の料理のバックに選んだ風景が、おてんばばさんが最初にここにあげた風景に似ていました。日本なのでもっと山に囲まれたかんじですが。

情報よろしくです!
ポーランドは英語通じます?

きっとくまんばちみたいなはっちい隊長どの
初めてにして且つただ一人の貴重な訪問者である隊長殿に感謝と、
友情を感じております。ありがとう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

おてんばば

Author:おてんばば
otembaba 長浜友子
(Nagahama Tomoko )
2006年からドイツとポーランドで日本語教師。大学の学生寮になぜかひとり、昔々の女学生が・・・
2008年から野の国ポーランドに再び住み始め、スケッチと簡素な暮らしの不自由さを楽しんだり、嘆いたり。
ポーランド語訳付 tłumaczenie na język polski:Judyta Yamato

2010年10月帰国

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。